歌へ 踊れ 叫べ このブログで

ボカロの話をメインに 社会の出来事にも 切り込みたい

コミケ爆死から一転、メジャーデビュー決定の岩本町芸能社 世界初となるVRアイドルの劇場建設を発表

VRについて、何が出来るのか、その可能性について
今、色々とやってみるのが良いと思います。


私の感覚でVRの良い所をあげてみると
①目の前でリアルな立体感のある映像が見れる
②・・・
③・・
④・
ってそれぐらいしか思いつかないのだ。


ただ、指にセンサーを付けたりすると、触っている感とかも
体験できるらしいが・・・どうなんだろうか?


と、いうことで、
①目の前でリアルな立体感のある映像が見れる
を掘り下げて、何が出来そうか感がる


・タイトル通りVRでアイドルが歌ったり、踊ったりは
確かに魅力的なんだと思う。
ただ、これは私の感覚ね。1人でライブの映像見るのも良いけど
大勢でライブをリアルタイムで見るのも良いのですよね。
ペンライト振ったり、合いの手入れたり。
だからこれよりも・・・


・私が一番期待しているのは、 教育現場での使用です。
 授業をVRでうれば、黒板の字が汚く読めないとか
 授業が分からないうちに進んで逝ってしまうとか
 そういうのが無くなって、もっと教育が良い方に進むと
 思うのですがね。
 中には学校へ生きたくない人とかも、VRの高校があれば、
 家で通信教育が受けられる。今までの通信教育より、
 もっとすごい教育が受けられるとおもうのです。
 ここからは私の思いです。
  教える先生の選択。 多分皆 これを期待しているのではと思います。
  より可愛い先生や恰好良い先生に授業を教わりたいと言う人は
  沢山いると思うのね。
  だから先生の価値観があがり 
〇〇先生の講義 1セット 1万円 人気ナンバーワン
〇〇先生の講義 1セット 5千円 人気は落ちるけどわかりやすい。
〇〇先生の講義 1セット 1千円 人気薄。安いけど授業が受けられます。


って感じで、中には・・・レアな先生が登場して、1セット数十万円で
取引されるとか。伝説のレア先生。 そんな感じの物が出てきても
面白いと思うのね。
そのうち、〇〇の進学塾で 東大受かりました。
VR〇〇先生 で 東大うかりました。
っていうのが出てきたりしてね。


そういう、面白さがあるのではと思うのですよ。