fukufuku29のブログ

ギリギリのコメントを書いみたい。

忘れない 6年前 東北大地震

あの時。
6年前・・・14時45分頃 仕事をしていた。
五反田でビルの中。突然来た地震。大きい2度揺れ。
何故か仕事が忙しかったので、自分は冷静でいる。
色々と考える。
 うちのビルは鉄筋で、地震対策もしてある超高層ビル。
 このビルは安全。 
 あ、「確実に電話はパンクする」って思ったので電話はやめ
 メールを送る、
 実家の近くにいる姉に対して
「自分は大丈夫、そっちで連絡が取れれば確認しておいて」
短い文面ではあるか、メールを送る


 姉は、先生をしているので、まずは生徒の安全と生徒を家に帰すはず
 それが終わればメールが見れるはず。俺よりも早く実家に連絡が入れられるはず。


16時過ぎだろうか、メールが届いた、大丈夫とのことだ。
余震があるので、大きいのが来たら、瓦がふってくるのをさけなから
避難するようにと 再度メールを入れておいた。


あとは、仕事の段取りだ。あの時は、発送業務もあり、各宅配便ルートが大丈夫なのか
北海道への贈り物が届かないかもしれないとか、こういう状況なので、納品に時間がかかりそうだとか・・・、電話とメールとの対応で、仕事がひと段落して、本当にニュースを見たのが19時頃になっていた。


地震と津波、沿岸の火事、フジTVあたりでも火事がおきているとか
情報があったが・・・やばい、自分の部屋ははたして大丈夫なのか?
電源ケーブルは断線していないのか? ガスは大丈夫か?  連絡方法がわからず
職場ではほとんどの人がその日は職場に泊まるとのことだったが、
自分は帰ることを選択した。


五反田 ⇒恵比寿 ⇒渋谷 ⇒新宿 ⇒池袋 ⇒自宅


大きな駅はこのルートだと思い。当時はスマホが無かったので、
携帯で地図情報を確認しながら、歩き出す。
山の手沿いを歩いていると、皆同じ考えなのか歩いている人が相当数いる。
あ、皆歩いて帰るんだなって思いながら、なんだか一心同体的な気分を味わう。
他人なのに。


目的の恵比寿に着く。恵比寿まではあまり疲れを感じない。
このまま渋谷まで行こう。
途中渋谷への抜け道がわからない。 あたり真っ暗で、目印になる物がない。
・・・そんな中、確かあの時はバスが通過したんだった。 
この方角はバスの路線になっているのだと。


渋谷を目指す。なんだか人が増えてきた。
途中行列が出来ているお店がある。 
コンビニだ。そこで初めて自分の失敗に気が付く。
そう。食料だ。19時かに会社を出て、自分は食事をしていない。
どっか頭で、牛丼でも食べればいいや的なかんがえでいた。
あの日牛丼はおろかコンビニも従業員を早く家に帰らせたらしく
どこも店が閉まっている。さらにコンビニは配達のトラックが来ない為
どこもかしこも食料が無い。会社の前のコンビニは大量にあったパン。
今、歩いてる先々に見えるコンビニは行列と同時に、食料がまったくなくなっていた。


そして、コンビニだけでなく行列が出来ている所がある。
そう自転車屋だ。 安い物で1万円ぐらいのママチャリ。これを目当てに
購入しそれで帰る寸法だ。


道路を見ると、そう、車がまったく進んでいない、大渋滞だ。
タクシーは・・・皆乗っているがこれも全然進んでいない。
それを見て多分タクシーで帰る金額より、自転車で帰るほうが早いし、
お金もかからないと考えて自転車屋に行列が出来ていた。


そうこうしている間に。渋谷につく。
ここにきて大変な人ごみに合う。


バス乗り場・タクシー乗り場・友達に迎えに来てもらったのか自動車が大量に
止まっている。駅は人が入れない状態。人ってこんなことになるんだなと。
バス乗り場でバスの運転手に聞く。
私「新宿まで何分ぐらいで行きます?」 帰ってきた回答に驚いた。
運転手「前の運転手にきいたけど、4時間だって」
・・・4時間 新宿、渋谷間が4時間。 これは歩いたほうが早い。
と、思い歩くことを決意した。


確かここでコンビニに寄ったなるべく駅から離れたコンビニだ。
でも食料そのままで食べられるものは何もない。
いや、カップ麺から袋麺。冷凍食品もほとんど売り切れている。
飲み物だけ買ってリュックに入れる。
「歩こう」まずは次は、新宿だ。


 明治通りを新宿に向かい歩き始める。
 ここらへんは知っている道なので、
 歩いていて迷わないので安心だ。
 人の波に一緒になって歩く。
 未だに、明治通りはまったく車は進んでいない。
 車・タクシーはダメだな。バスも乗らないようにしよう
 待っている時間と、バスに乗ってからの時間を考えると
 歩いている方が早い。
 新宿まで付いたが、人の波と車の行列はまったくもって変わらない。
 これは・・・池袋まで歩くほうが早い。
 新宿の街を通り越し明治通りをさらに歩く。
 本来お店などが少ない中、さらに閉まっているので暗い道。
 車のライトだけが、照らされている。
 ・・・今思い出したが、こうして歩いているときも余震が何回かあったのだ。
 だから本来歩いて帰るのは危険行為だったのだ。


明治通りの早稲田を抜け、のぼりの坂道。
都電・・・走って無い。 そりぁそうだ。


池袋につく。 結局池袋も人であふれ、大変なことに。駅にも入れず、あぁ、電車もまだ止まっているのだなと思い、これは家まで歩くしかないと。
まずは254に出よう。高速道路の下。 足が・・・足が・・・痛い。
股関節が痛い。 こんなに長く歩くのは初めてかも。 5年前に10kmくらいは
走っていたので、35kmくらい歩くのは平気だろうと思っていたが、
ここにきて足にきている。


池袋まで来た。ここまで来ると、あと少し頑張ろうと思う気力が出てくる。
高速道路の脇のドンキホーテに行列を見つける。
そう ここも自転車がうっているのだ。254は埼玉と東京をつなぐ道路。
普段でも渋滞するのだ。まったく進んでいない。ひどい状態だ。
ここでも自転車が売れている。
くそぉ「自転車大量に仕入れトラックで持ってきて皆に売りさばいたら
どれだけ儲けがでるのだろう・・・」こんなこと考えていたが
自分でまだ余裕あるんだなと。思う。そして 山手通りにつく。


ここで意外なことにバスが来た。そう、西高島平行きだ。混んでいるが乗れそう。
バスに乗り込む。そして、板橋区役所前の所で、「三田線が動き出しました」との
連絡が入る。
市役所前から乗って2駅。混雑しても我慢できる。17号も車であふれているはず。
バスを降りて、区役所前駅まで行く。すでに23時を超えているので
駅のホームにはすんなり入れた。待つこと数分で、ちょうど電車がきた。
確かに混んでいるがなんとか入れそうだ。2駅我慢。
と言うことで、本蓮沼までついた。すでに0時30分次の日になっていた。
家について・ガスが止まっていた。つける方法を確認し、お湯が出てきた。
シャワーを浴びる・・・一息いれる。
TVをやっと着ける。 ニュースで地震の情報を見る・・・
まさか、こんなにひどいことになっていると、驚く。 今日はなんだか眠れないような感じ。TVをつけてまま、ソファーでうとうとしながら見ていた。


長い夜が明け、土曜日。 ニュースを見ながら友達などにメールを入れる。
そんな一日だった。


失敗もあった。お金があれば・・・とか思ったこともあった。
買いだめの重要も知った。学んだことがいっぱい有ったはず。
時とともに何故か忘れていることがいっぱいある。
この時にもう一度、引き締めなおさないと、自分に言い聞かせる。
今日です。