fukufuku29のブログ

ギリギリのコメントを書いみたい。

10月31日はハロウィン そもそも何の日?

まぁ、 色々と意見はあると思うけど。
反対派の人。 あなたは宗教関係なく クリスマスしますでしょ。
結婚式は教会ではなかったですか? 神社に初もうでに行き
最後はお寺でお葬式。 そういう日本人ではないですか?


で、あれば、何の日ということよりも、まずは、お祭りを楽しみましょう。
但し、 子供には、きちんとしたハロウィンの日を教えあけで、
それで楽しみましょう。こどもがハロウィンの日を知ってそれでいて
コスプレをしたい時は、一緒に楽しんであげてください。



------------------------------------
ハロウィンとは一一一説では
「今から数千年前のお話ですが、古代ケルトの人々、特にアイルランドに伝わる10月31日のサーウィンいうお祭りがありました。古代ケルト人において、10月31日は夏の終わりであり、1年の終わりでもあります。つまり日本でいう大晦日なのです。年に1度異界への扉が開き、この世に戻ってくる祖先や死者の霊を供養し、厳冬を生きぬくパワーを授かる夜です。無事に夜を過ごせば全ての時空が浄められ新年が訪れます」
アイルランドにキリスト教が伝わってから、ハロウィンという名前になったのだという。
「翌日の11月1日は、キリスト教にとって最も大切なお祝いの日でした。有名や無名を問わずすべての聖人を祝う日(All Hallows Day)です。Hallowsというのは、古い英語に『神聖にする』という意味があります。10月31日は、All Hallows Day の前日、Eve(イブ)と言うことで All Hallows Eveと呼ばれ、いつしかハロウズ イブからハロウィンと呼ばれるようになったと考えられています」
とのこと。