歌へ 踊れ 叫べ このブログで

ボカロの話をメインに 社会の出来事にも 切り込みたい

ゲスノ極み乙女 川谷さんは 才能の塊

「福火幸い」
ひとひら飲み込まれた幸せ誰にもある
ささやかさ歩くようにあなただけを求めた
燃え上がる福の仕上がり登ってく上がってく
どうかお願い心の火振り向かないであっという間に消えてしまった
でもそれは幸せが吐き出されたしるし
夜を流れてく気持ち
少しずつ降り注いで
あなたの燃えたカラカラ


これを即興で 空に飛んでいく灯篭を見ながら
書ける歌詞。そしてそれに会うメロディ。
人物的にはどうなんだと思ったけど、
この才能を世に出さないで
埋もれてしまうのは、日本のJ-POPとして勿体ないと
心から思いました。


私も色々な曲を聞きますが、不倫問題だけで彼の才能をつぶすのは
勿体ない。これからもこの才能を世に出して、
良い曲を作ってもらいたいと思いました。