2929(フクフク) ミクミクじゃないけど。

ボカロの感想を重点的に

ニコニコ超会議 ⇒ 超歌舞伎

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ ( ゜▽゜)/コンバンハ はたまた、おはようございます。


さて、4月28日土曜日 幕張へ行ってきました。
初のニコニコ超会議への参加です。


前もって、超歌舞伎の席を予約したので、
入り口も一般とは別で入りました。っていうか、一般より前売りのほうが
列長くねぇ?


って思っていた9時30分。 そのころに列に並んだってこと。
9時50分頃になんかいっぱいキャラクターが出てきた。
これを昨年もやっているのか、皆がもりあがる。
パレードってやつなんだそうです。ね。


それが終わって数十分。10時を少し回った所で
建物の中から歓声が・・・ あ、入場が始まったんだなと。
コミケの場合は、10時に全員で、拍手するんだけどね。


さて、列が少しずつ進んで、
入口まであと少し・・・ ここで、前売り買った人は2ゲートでチェック
当日券は1ゲートチェックされているようだった。
2ゲートの方が早いか、列の流れにもよると思うが、3ゲートだともっとスムーズに行くのにね。


で、鞄の中身チェーック 最近は物騒だからね。


さぁ、10時25分くらいだろうか。中に突入。 入口から目指すは、最終ゾーンの
ボカロブース。 当然初めてなので、どんな感じなのか全くわからない状態。
途中カレーの誘惑に負けたり、占いの誘惑に負けたりして、
ボカロゾーンにたどり着いたころは、11時30分。
で、ここにきて悔しい思いを・・・ペンライト持ってくるの忘れた。
って言うか、ペンライト持ってくるイメージがなかった。
ボカロのブースは、2つ対面に分かれていて、
1つが、ライブ、1つがDJとなっている。 ライブが終わると、対面のDJが始まり
DJが終わると、ライブが始まる構成。 これはよく考えていると思った。
両方、前で見ることができないようになっていて、
ライブで好きなボカロPがいる場合は、DJをやっているうちに、ライブの場所を取って
DJで好きなボカロPがいる場合は、ライブ中にDJの場所を確保すると言う感じ


もう少し私もライブやDJの出る人の順番や曲を
勉強しておくべきだと思った。 奥が深いの。


と、やっぱりしている曲のDJが始まると、ペンライト振りたいし
声をあげたい。来年は、ライブの曲に合わせて参加を決めないと。
あとは、終わりに行くほど、有名な人が出るので、
超歌舞伎は、昼に見ること。 これを悟ったね。


さてさて、そんなこんなで
超歌舞伎の時間15時になったので、会場を異動することに、
で、ここにきてまたもやです。 超歌舞伎でなんで、ペンライト売っているのだ
意味がわからないので、ペンライトは買わずに手ぬぐいのみ購入。
席について、わくわくしていると、皆ペンライト出しているんだよね。
はて?  なぜ?  と思った。
16時近くになると、ニコニコのカメラで、会場内を映し出して、
なんとそこにラスボス 小林幸子氏が 観覧に来ているではないか。
ニコニコのカメラに挨拶して、流石カメラに映っただけで、
会場からの拍手。 やっぱスターは違うね。


そんなこんなで、16時過ぎ、 始まりました。
なんせ歌舞伎を見るのが初めて。 早や着替えや、見せ場は色々とあるんだが、
最後の敵との闘いで ペンライトの意味がわかった。


そう、最後にボカロの曲が流れて、それに全員が席を立って
ペンライトを振るのだ。 マジかぁ すげーな。と思い
これ歌舞伎?   いや 超歌舞伎なんだ。 別の物なのかなって思った。
 いやー楽しかった。


さて、17時・・・これは まさかのDJ KZさんが見れるかもしれない。
いそいそと、その会場を後にして、ボカロライブ会場へ。
ギリギリセーフ。 ラストの曲が聞けた。 すっごい盛り上がっている。
楽しすぎる。


そんな感じの超会議でしたね。
他の人は2日目も行くって言う人がほとんどだが、ちょっと次の日は予定があったため、
1日のみの参加となりました。


①楽しかった。
②ペンライトは必ず持っていくこと。
③歌舞伎は、早くいって席を確保すれば、
予約しなくても良い席が確保出来そうだと言うこと。


そんな感じでした。