fukufuku29のブログ

ギリギリのコメントを書いみたい。

痴漢と冤罪 そして私は逃げる

昨今電車での痴漢で、被害者が加害者を捕まえて、駅員や警察に突き出す
事件が多い。その中で、身に覚えがない人もいる。
ちまたの噂では、駅員に同行して、駅長室に入った瞬間にほぼ冤罪はなくなり
逮捕となる場合が殆どらしいです。


ようは、「やったことを証明する」のではなく
「やってないことを証明しなければならない」とのこと
また、痴漢で捕まる ⇒実刑(数年刑務所) ⇒職を失う ⇒家庭崩壊
と、悲惨な一生がまっているのだ。
だからみんな身に覚えのない人は「線路に向かって逃げる」 らしい。
実際に身に覚え利ある人は逃げるらしいが・・・
中には数年かけて無罪を勝ち取る人もいるらしいけど・・・
体力ないですよね。


今の私は、片手はつり革、片手は杖をついているので、両手がふさがっている為
痴漢をしてない証明は出来るかもしれない。が、しかし・・・
それでも仕組まれた場合は怖いですね。


冤罪の場合、壊れた家庭の保障。訴えた被害者が名誉棄損での逮捕、裁判費用を
全て支払ってくれる。などなどリスクもあることをも知ってもらいたい。
あ、そうなると「痴漢」を捕まえようとしなくなるのかな。